2014年08月20日

1億5000万円稼いだ馬券裁判男の予想法を解明する本

今日は久しぶりに本の紹介をします。

私自身この本が発売されているのを知ったのは昨日なのでまだ読んでいないのですが
馬券の払戻金を巡る裁判で、かなり話題になった事件なので今度読んでみようと思います。
面白かったらお知らせします。

内容としては元会社員の馬券に対する考え方、予想法、買い目の組み立て、投資法などが書かれているようです。

※事件概要
元会社員が2007〜2009年の間に28億7000万の馬券を購入し30億1000万の払い戻しを得たが
この馬券で得た所得を申告せずにいたところ、2009年までの3年間で得た利益額を大きく超え約5億7000万円を脱税したとして所得税法違反に問われた。元会社員はこれを不服とし大阪地裁の公判で無罪を訴えた。

posted by サイレンスオペラオー at 01:09| Comment(0) | 競馬本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。