2014年06月10日

競馬人口ってどのくらい?

安田記念も終わりこれで春のGT連続開催も一区切りとなりました。
直線はなかなか見ごたえのあるレースでしたが
入場者数は前年比80.1%と大きく落ち込みました。


一方、一週前のダービーデーの東京競馬場の入場者数は
13万9806人と前年比121.1%と盛況だったようで

天気の影響も少なからずあると思いますが
やはりダービーは特別なレースなんだと感じました。


その入場者数を見て思ったのが
そもそも競馬人口ってどのくらい?

って事なんですが
結論から言うと約150万となりました。

この数字の参考にしたのがJRAの平成25年度事業報告です。
この報告書にはお客様総数(1億6025万人)が
記載されていてこの数を去年の開催日数で割ると
約150万人になります。

まあ、そこまでしっかりした根拠ではないと思いますが
的外れな数でもないと思います。

ちなみに競馬の勝ち組は5%と言われていますので
競馬人口が150万人だとすると7万5000人は
勝ち組ということになりますね!




posted by サイレンスオペラオー at 20:05| Comment(0) | 競馬調べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

このままで大丈夫か! 生産頭数減少!!

先日のダービーでは見事ワンアンドオンリーが
日本ダービーを制し7123頭の世代の頂点に立ちました。

日本ダービーという特別なレースを勝ということは
格別な喜びがあるかと思いますが
それよりも7123頭という生産頭数が気になりました。

僕が昔ダビスタに嵌っていた時は
年間1万頭くらい生産されていたイメージがあったのですが
今年の3歳世代が7千頭ちょいだということに
少しショックを受けました。

それで少し気になって調べてみたところ
生産のピークは1992年で
この年の生産は1万2千頭を超えていました。

現在はその年を境に徐々に生産数は減り続け
今の2歳世代はついに7千頭を切ってしまいました。
7千頭を切るのは実に44年ぶりのことだそうです。

一人の競馬ファンとして今後も長く続いて欲しいと願うばかりです。
ラベル:生産頭数
posted by サイレンスオペラオー at 16:07| Comment(0) | 競馬調べ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。